エスティマの特徴をレビュー!

エスティマは国産ミニバンの元祖

近未来的なデザインを持つ、国産ミニバンの元祖のような存在が「エスティマ」です。7人乗りの2列目シートはなんと80センチもスライドするため、乗車人数が多い割に乗降性が高いのが魅力。

 

見た目は多少違いますが、システムがアルファードなどと似ているためシートアレンジ性も高く、乗車人数に合わせてさまざまなレイアウトが楽しめます。また3列目が電動で床下格納されるため、手軽に大量の荷物を積み込むことができます。

 

全高が7/8人乗りのミニバンにしては1760mmと低く、ハイルーフな軽自動車と同程度です。そのため重心が低くなりサイズのわりに走行が安定しているのも注目点です。

 

しばらくモデルチェンジはありせんでしたが、2016年に3度目のマイナーチェンジが行なわれ、グレードがアエラスに統一されたほか、全車自動ブレーキ・両側パワースライドドア標準装備となっています。

 

値引き状況は?

 

根強い人気があり、古いモデルの割には値引きが渋めだったのですが、ここ最近はさすがに値引き幅が拡大傾向にあります。トヨタ店、カローラ店の取り扱いとなるため、それぞれのディーラー同士で競合させて価格競争させるのが○。さらに、アルファードやヴェルファイア、オデッセイなどの上位グレードとの競合にも効果があります。

 

ただ、もともとの車体価格が高めなので、大幅値引きしても支払額は大きくなりがち。なので、オプション値引きや愛車の買取額をできるだけ上げていくことが格安購入のカギとなります。